低価格リラクゼーション店の求人で欲しい人材を
年齢・性別で考えるなら
一番欲しいのは若い女性施術者
なぜなら
・客が取れる
女性施術者は指名を取りやすい
若ければなおさら取りやすい
お店としては指名を取りやすい施術者は欲しい

・女性希望の客多い
女性希望のお客さんは多い
女性客で女性指名も多い
女性スタッフは客から見て安心安全である
ただ、変な期待を持ってくる男性客もいるので注意は必要

さらに、低価格リラクゼーション店であれば
若い女性施術者は希少価値がある
なぜなら若い女性施術者であれば、良い条件の求人はいくらでもある。
わざわざ低価格店に来る必要もない

おそらくどこの店でも欲しいのは若い女性施術者
しかし、そんなこと求人広告には書かない
とにかく応募者が足りない
とにかくどんな人にも応募してほしい
その中から少しでも良い人間を選びたいから

しかし、なかには特定の性別・年齢に限定して
求人をかけている店もある

ある店舗では
男性18歳以上30歳未満と限定している
施術者の長期キャリアを考慮してとあるけれど
業務委託で人を使うのに長期キャリアもないだろう
求人広告に不自然な限定条件がある店は要注意
面接時に応募条件の限定理由を確認したほうが良いだろう

あるリラクゼーション店オーナーは男性施術者が好きで
お気に入りの施術者と個人的に寿司を食べに行ったり
飲みに行ったり
店内の施術者をえこひいきして
店舗内の人間関係を崩壊させている

オーナーの趣味でスタッフを集めることに問題はないが
応募者の趣味がそこに合うとは限らない
求人票に気になる限定条件が付いていたら必ず確認すべきだろう。